オンラインストレージお役立ち情報

クラウドネイティブとは?クラウドネイティブのメリットと課題を解説

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    ファイルサーバー(NAS/Windows server)クラウド移行のご提案

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    クラウドやSaas、クラウドファーストやクラウド・バイ・デフォルトなどクラウドに関連するワードも飛び交っている中、どこかで見たり聞いたりしたことがあっても、それぞれの意味を理解することは難しいことでしょう。

    クラウドに関連する言葉の中のひとつに「クラウドネイティブ」という言葉があります。

    クラウドネイティブとはなにか、クラウドファーストやクラウド・バイ・デフォルトなどの似た言葉と何が違うのか、クラウドネイティブのメリットと課題を解説します。

    無料トライアルも実施中!
    誰でも簡単にファイル共有ができる
    オンラインストレージ

    クラウドネイティブとは?

    クラウドネイティブとは、クラウド技術の利点を徹底的に活用することを意味します。

    オンプレミスのシステムのインフラやアプリケーションをすべてクラウドで実現することを前提としていて、より効率的に構築する技術を用いることでクラウド技術の利点を徹底的に活用します。

    オンプレミスから単純にクラウドへ変更して時代の波に乗るという考え方から、クラウドの良さを最大限に発揮させるべきクラウドネイティブという考え方に変化してきています。

    クラウドネイティブに似た言葉との相違点

    クラウドネイティブと似た言葉にクラウドファーストとクラウド・バイ・デフォルトがあります。

    なんとなく似たような単語ではありますが、それぞれ意味が異なるため、違いを理解しておきましょう。

    クラウドネイティブとクラウドファーストとの相違点

    クラウドファーストは、新しくシステム構築を検討する場合にクラウド利用を優先する考え方のことを指します。

    クラウドネイティブは、前提条件がすべてクラウドを利用することとなっているので、すべてをクラウドに変容していくという解釈ができます。

    クラウドネイティブとクラウド・バイ・デフォルトとの相違点

    クラウド・バイ・デフォルトとは、システム導入をする場合にクラウドサービスを第一候補とする考え方のことを言います。

    クラウドファーストとほとんど同じような意味合いですが、クラウドファーストはあくまでもクラウドを優先するだけで、クラウド・バイ・デフォルトは第一候補とするので若干意味が異なります。

    正確にはクラウド・バイ・デフォルトは官公庁のシステム導入についての内容で、政府内の方針のことを指しますが、クラウドの普及が進むにつれて民間企業でもこの考え方は広まりつつあります。

    クラウドを第一候補とするクラウド・バイ・デフォルトに対して、クラウドネイティブは、クラウド利用を前提として、技術を駆使してクラウドの利点を活かす仕組みのことを言います。

    クラウドネイティブのメリット

    クラウドネイティブ化することによるメリットを確認していきましょう。

    調達や設置場所が不要になる

    クラウドネイティブはインフラやアプリケーションをすべてクラウドで利用することを前提としています。

    つまり、自社内に機器などを持つ必要がなくなるため、設置場所が物理的に不要になります。

    また、機器を調達する必要がないので負担が軽減されることになります。

    コスト削減の実現

    機器の調達が不要のため、機器の費用だけではなく、選定や調達、構築に係わる人的コストも発生しません。

    また、機器のメンテナンスも不要なので運用コストも軽減することができます。

    開発速度の向上

    様々な技術により独立性が高いシステムと自動化や回復性を組み合わせることで、影響が大きい変更を最小限の労力で効率良く行うことができます。

    少し難しいかもしれませんが、端的に言うとクラウドネイティブ化したシステムは開発速度の向上が期待できるため、納期短縮や低コストを見込むことが可能ということになります。

    柔軟性の向上

    オンプレミスのサーバーのスペックや台数を変更する場合には、導入コストや構築コスト、物理的な設置スペースの確保などを考慮する必要があるため、簡単に実行できませんでした。

    しかし、インフラをクラウド化することで容易にそれらを行うことが可能です。

    リクエスト量に応じて複数のサーバーを増減させるスケールアウトやスケールイン、サーバースペックを上げ下げするスケールアップやスケールダウンができるので柔軟に構成変更を行うことが可能です。

    運用負荷削減

    スケール変更はもちろん、障害発生時もクラウド側で自動的に対応してくれるため、運用の負担がかなり削減されます。

    クラウドネイティブでクラウド化と自動化することで業務を劇的に改善させることが可能になります。

    クラウドネイティブの課題

    クラウドのメリットを最大限発揮するクラウドネイティブですが、課題も浮き彫りになっています。

    まずはクラウド化することによるセキュリティ問題があります。

    サイバー攻撃の標的になってしまう外的要因や設定を誤って外部公開することで情報流出に繋がってしまうなどの内的要因など脅威は様々ですが、セキュリティ対策が重要となってきます。

    また、クラウドネイティブを導入するためには、従来とは異なったアプローチ方法に変更する必要があるため、スキル不足や教育コストの懸念があります。

    さらに企業の考え方自体もアップデートする必要があるので新しい概念を受け入れてもらうためには十分な教育と時間が必要です。

    こうした組織変化やスキル強化、セキュリティ問題についての課題を解決するためには、十分な検討、計画が欠かせません。

    クラウドネイティブのアプローチ例

    クラウドネイティブにはいくつかの技術的なアプローチが存在します。

    代表的なクラウドネイティブの例を確認していきましょう。

    コンテナ

    コンテナはすべてのファイルをパッケージ化して分離させることを言います。

    これによってすべての機能を維持したまま、開発環境やテスト環境を持ち運べるようになり、開発の高速化を期待することができます。

    マイクロサービス

    マイクロサービスは、小さなサービスを組み合わせて大きなアプリケーションを構築する考え方のことを言います。

    独立したサービスの集合体にすることで、機能追加や障害対応が容易になるというメリットがあります。

    サービスメッシュ

    サービスメッシュとは、アプリケーションに代わってネットワーク要求を送信するサービスのことを言います。

    マイクロサービスの通信を別のソフトウェアを通すことで、マイクロサービスの課題である通信の回復性や負荷分散、サービスバージョン管理などを解決することができます。

    イミュータブルインフラストラクチャ

    イミュータブルインフラストラクチャは、一度構築した本番環境は変更しないという考え方です。

    変更する場合は、本番環境のコピーを用意してそちらで開発を行い、問題がなければ本番環境と入れ替えることになります。

    システムの安定性が高まり、一貫性のあるものに保つことが可能になります。

    宣言型API

    マイクロサービス間の連携はAPIを介して行われますが、宣言型APIを用います。

    従来の命令型APIの場合は、具体的な実行させる内容を命令していましたが、宣言型APIの場合は、最終的にどのような結果になるべきかを宣言するAPIとなります。

    システムが宣言に従って自律的に動作するため複雑さが軽減されてシンプルになるというメリットがあります。

    SaaSの利用からクラウドネイティブを実現しよう

    クラウドネイティブは今後ますます普及していくと考えられますが、現時点では課題も多く、ハードルの高さを感じるかもしれません。

    クラウド移行のアプローチとしてSaas利用を検討することもクラウドネイティブに向けた第一歩です。

    Saasのひとつに、ファイルサーバーやNASの代替となるインターネットを介してクラウド事業者が提供するストレージを利用できるオンラインストレージサービスがあります。

    国産オンラインストレージのセキュアSAMBAは、インターネットにつながってさえいれば、いつでも、どこでも、簡単かつ安全にファイル共有が行えます。

    また、様々なデバイスからアクセス可能で、アクセス経路とファイルは全て暗号化されているため、安心して利用することができます。

    ストレージは他システムとは独立しているため、クラウド移行しやすいもののひとつです。

    クラウドネイティブの実現に向けて、無料から使えるセキュアSAMBAの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP