オンラインストレージお役立ち情報

クラウドとSaaSの違いとPaaS・IaaS・ASPとの比較一覧

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    セキュアSAMBAサービス紹介資料

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    クラウドとSaaSの違いはどこにあるのでしょうか。

    意味合い的にまとめて使用されがちな言葉ですが、明確には意味が異なる場合があります。

    また、クラウドとSaaSの違いだけでなく、SaaSと似ているPaaS・IaaS・ASPなどの特徴や違いについても理解を深めていきましょう。

    無料トライアルも実施中!
    誰でも簡単にファイル共有ができる
    オンラインストレージ

    クラウドとSaaSの違い

    クラウドとSaaSはよく混同されて使われることがありますが、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

    クラウドとSaaSの違いを確認していきましょう。

    クラウドとSaaSはほぼ同じ意味として扱われており、クラウドとは、「クラウドコンピューティング」の略称です。

    クラウドコンピューティングは、インターネットを経由して、離れたところにあるソフトウェアやデータを利用するコンピュータ資源の利用形態の一つを指します。

    この形態で提供されるサービスを「クラウドサービス」と呼ばれ、クラウドサービスはその利用形態によって、「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3種類に分けられます。

    SaaSは「Software as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」の略です。

    かつてパソコンでメールのやりとりをするためには、メールソフトをインストールする必要がありました。

    しかし、SaaSの代表例である「Gmail」や「Yahoo!メール」では専用ソフトをインストールすることなくメールのやりとりが可能です。

    その他、SNSやブログ、オンラインストレージ、ECサイトなどのサービスの多くもSaaSに含まれます。

    SaaSはパブリッククラウドの一種

    クラウドサービスはパブリッククラウドとプライベートクラウドの2種類に分類でき、SaaSはパブリッククラウドの一種に当たります。

    パブリッククラウドとは、企業または個人にインターネットを通じてサーバーやストレージ、ソフトウェアなどを提供するシステムです。

    専用のサーバーやソフトウェアを準備する必要がなく、インターネットから申し込みをするだけで手軽に利用できます。

    なお、プライベートクラウドとは企業や組織専用のクローズドな環境にあるクラウドを指します。

    SaaS・PaaS・IaaS・ASPの特徴

    SaaSに関連するPaaS、IaaS、ASPの基礎知識について解説します。

    それぞれの特徴からSaaSとの違いを確認していきましょう。

    SaaS(サース)

    オンデマンド型ソフトウェアやホスト型アプリとも呼ばれる、インターネット上にサービスを提供している仕組みです。

    料金は月額制または年額制であることが多く、マイクロソフトの「Office 365」やセールスフォース・ドットコムの「Sales Cloud」が該当します。

    PaaS(パース)

    「Platform as a Service(サービスとしてのプラットフォーム)」の略で、プログラム開発に必要なネットワークなどのインフラやOSなどのプラットフォームをインターネット上に提供している仕組みです。料金は月額制または従量課金制であることが多いです。

    マイクロソフトの「Microsoft Azure」、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Platform」が該当します。

    IaaS(イァース/アイアース)

    「Infrastructure as a Service(サービスとしてのインフラストラクチャ)」の略で、仮想サーバーやハードディスク、ファイアーウォールなどのインフラをインターネット上に提供している仕組みです。

    PaaSとは違い、プログラム開発をする上で最低限の環境しか提供されないため、開発の自由度が高くなりますが、その分より専門的な知識が必要となります。

    料金は月額制または従量課金制であることが多いです。

    Amazon Web Services(AWS)やGoogleの「Google Cloud Platform」が該当します。

    ASP(エーエスピー)

    「Application Service Provider」の略で、アプリケーションをインターネット上のサービスとして提供する事業者を指します。

    よくSaaSと混同されがちですが、SaaSはサービス提供の形態を意味するのに対して、ASPはインターネット上のサービスを提供する事業者を意味します。

    SaaS・PaaS・IaaS・ASP比較一覧表

    名称 内容
    SaaS アプリケーション(メールや顧客管理、経費精算アプリなど)を提供するサービス
    PaaS(IaaS含む) アプリケーションの開発環境(ネットワークやOSなど)を提供するサービス
    ASP アプリケーション(メールや顧客管理、経費精算アプリなど)をインターネットを介して提供する事業者

    SaaSのクラウドサービスならセキュアSAMBA

    GmailやSNSなどSaaSに該当するサービスは種類も豊富で、手軽に導入できる点がメリットです。

    しかし、「アプリケーションだけを利用したい」「開発環境から揃えたい」など、企業によってクラウドサービスに対するニーズは異なります。

    SaaS、PaaS、IaaSの違いについて把握し、自社に合った使い方を心がけましょう。

    SaaSのクラウドサービスの中でもファイル共有やデータ保存サービスをお探しの場合は国産オンラインストレージ「セキュアSAMBA」をご利用ください。

    セキュアSAMBAはセキュリティが充実したオンラインストレージになり、多くの中小企業に利用されています。

    無料から使えるセキュアSAMBAでSaaSのオンラインストレージを試してみてはいかがでしょうか。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP