オンラインストレージお役立ち情報

オンラインストレージ・クラウドストレージとNASの違いを解説

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    ファイルサーバー(NAS/Windows server)クラウド移行のご提案

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    企業でオンラインストレージの導入が進む中、NASを活用する企業も多いですが、オンラインストレージ(クラウドストレージ)とNASどちらを選ぶべきか判断するには、それぞれの特徴を把握していなければいけません。

    オンラインストレージとNASの仕組みや特徴、違いを比較していきます。

    オンラインストレージとNASを効果的に使うためにも、またどちらを導入するか検討している場合でも参考にしてください。

    NASとは

    まずはNASとは何かということを確認していきましょう。

    オンラインストレージがクラウド上にファイルを保存・共有するのに対して、NASは内部のHDD・SSDにデータを保存します。

    NASはネットワーク対応ハードディスクとも呼ばれ、仕組みとしてはLANケーブルとルーターで接続したすべてのパソコンでファイル共有が可能です。

    USBメモリなどのように抜き差しする必要がない点がメリットです。

    中には、複数のハードディスクを接続し、高速性や障害耐性を高めるRAID設定を搭載する機器もあります。

    オンラインストレージと比べると個人よりも企業向けの製品で、BuffaloなどがNASのメーカーとして知られています。

    オンラインストレージとは

    オンラインストレージはインターネットを通じて、外部サーバーにファイルを保存・共有できるサービスです。

    PCだけでなく、スマホアプリからもアクセスでき、個人利用では音楽や録画した動画などの管理に使用されています。

    オンラインストレージの価格は無料・有料様々あり、サービスも多岐にわたります。

    セキュアSAMBAやDropboxが企業やビジネス向けのオンラインストレージサービスも提供されており、用途によって選ぶといいでしょう。

    オンラインストレージは近年急速に成長しているサービスで、テレワークでの利用やデジタル化の一環としても利用が広がっています。

    中にはファイル共有だけでなく、大容量を活かしてバックアップデータの保管にオンラインストレージを活用する企業もあります。

    バックアップデータは容量が大きく、バックアップ時期を階層にわけて保管する必要があるため、オンラインストレージでの保管が向いていると考えられ利用されています。

    オンラインストレージとNASの違いと比較

    オンラインストレージとNASの違いを比較すると下記のようになります。

    NAS オンラインストレージ
    コスト
    容量
    セキュリティ
    機能やスペック
    使いやすさ
    サーバー管理の負担
    サポート

    オンラインストレージとNASの違い:コスト

    まず、コストの面ではNASは、自作キットもあるような製品で、一度購入しネットワークを構築すれば、維持費をかけずに使用できます。

    しかし、金銭コスト以外の知識や構築のコストという面が必要になるとも言えますので、知識がない方が導入するにはハードルがあるとも言えます。

    オンラインストレージは月額料金での利用が一般的ですので、ランニングコストが必要にはなりますが、導入のハードルが低い、無料から使えるサービスもあるなどの試しやすさはあるといえるでしょう。

    オンラインストレージとNASの違い:容量

    オンラインストレージとNASの容量はいずれも希望に応じてカスタマイズ可能です。

    この点はどっちもPC内のハードディスクにはない容量が手に入るといえるでしょう。

    容量の下限や上限はNASの場合は構築の内容の差、オンラインストレージの場合はサービスや選択したプランの違いなどで生じます。

    オンラインストレージとNASの違い:セキュリティ

    1つのネットワーク上に複数の端末を接続して使用するという性質上、NASはセキュリティ面に弱みがあります。

    オンラインストレージは堅牢なサーバーによって運営されているものがほとんどですので、セキュリティ面の安全性が高く、長期保管が必要なバックアップデータの保存にも適しています。

    知識が不要でセキュリティ面も担保されているということからビジネスで利用するにはオンラインストレージの適しているといえるかもしれません。

    オンラインストレージとNASの違い:機能やスペック

    機能やスペックは、オンラインストレージのほうが上である場合が多いです。

    理由としてはオンラインストレージはこれからさらに活用が広まっていくサービスであり、クラウドサービス、SaaSとして提供されていることがほとんどなので今後も機能やスペックの進化が期待できます。

    一方で、NASは最適化された機能の製品ですので、大きな変化は望めない場合や利用をしていて機能やスペックが変わるということはないでしょう。

    オンラインストレージとNASの違い:使いやすさ

    NASは運用が社内で完結している分、柔軟に使い方をアレンジできるので、適切に使いこなせるのであれば使いやすいことが多いといえます。

    オンラインストレージは複数の企業に均一のサービスを提供するものですので、細かいカスタマイズに対応をしていないこともありますが、多くあるサービスの中から使いやすいものを選ぶことができます。

    どちらが使いやすいと言い切ることは難しいですが、自分たちの知識や使い方を考えてどちらかを選択するということが重要になってくるでしょう。

    オンラインストレージとNASの違い:サーバー管理の負担

    社内の機器を接続し、ネットワークを構築するNASはサーバーへの負担を避けられません。

    その点、インターネットを通じてファイル・データを共有するオンラインストレージはサーバー管理の手間がかかりません。

    これまで解説したようにNASは自分たちで構築や運用する知識やスキルが必要になる面があり、オンラインストレージはサービスを利用するだけという面がありどちらが優れているというよりも、利用する側の環境や状態によって選択肢が変わるという面が大きいかもしれません。

    オンラインストレージとNASの違い:サポート

    オンラインストレージは長期利用が前提であったり、ユーザーに向けて継続的に提供されているサービスなので、サポートが充実してる場合が多いです。

    NASの場合のサポートは基本的に製品に対するサポートになり、社内にシステムに長けた人がいない際はオンラインストレージの利用が無難でしょう。

    オンラインストレージとNASはどちらを選ぶべき?

    管理や導入の負担を減らしたい場合はオンラインストレージが望ましいといえるでしょう。

    オンラインストレージの魅力は手間がかからない点です。

    機器の購入もサーバーの契約なしに使い始められますし、容量の調整もあとから簡単にできます。

    また、バックアップデータのような膨大かつ長期保存・更新が必要なデータも問題なく保管できるので、管理者への負担はそれほど大きくなりません。

    知識があり、とにかくコストを抑えたい場合はNASを選ぶのもいいかもしれません。

    NASは利用する機器代はかかるものの、オンラインストレージで発生する月額料金に比べるとそれほど大きなものではないことがほとんどです。

    USBメモリと社内サーバーの中間のような運用ができるので、自分たちでNASの構築や運用を行えるのであれば選択肢として有効でしょう。

    NASよりオンラインストレージを選ぶならセキュアSAMBA

    大容量のデータ保管は社内サーバーやNASが主流でしたが、近年はオンラインストレージが多くの企業に活用されています。

    NASとオンラインストレージはそれぞれ異なる特徴やメリット・デメリットがあります。

    ファイル管理に課題がある際は特徴を比較し、検討することをおすすめします。

    また、利用する側の知識や状態もどちらを選ぶべきかを大きく左右しますので、導入や運用の仕方までを考えておく必要があるでしょう。

    NASではなく、オンラインストレージの利用を考えているのであればビジネス向けオンラインストレージ「セキュアSAMBA」をご検討ください。

    国産のオンラインストレージであり、無料から使えるセキュアSAMBAをぜひご活用ください。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP