オンラインストレージお役立ち情報

DXがテレワークに必要な理由とDXで解消できるテレワークの課題

働き方コラム

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    オンラインストレージ導入事例集

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    デジタル社会で生き残るために必要不可欠と言われているDXですが、テレワークにおいてもよい効果をもたらします。

    DXを上手く活用し、テレワークにおいてもオフィス勤務と同等の業務効率を確保しましょう。

    DXがテレワークに必要な理由、DXがテレワークにもたらす効果、DXでテレワークを実現する方法について解説します。

    DXはテレワークの実現に必須

    円滑なテレワークを実施するためには、インターネット環境やファイル共有システムなどを整える必要があります。

    また、テレワークでも適切な勤怠管理や人事評価をおこなうために、テレワークでの働きぶりを可視化できる仕組み作りも必要です。

    そこで活躍するのがDXやデジタル化の取り組みです。

    例えば、オンラインストレージを導入してファイル共有ができる環境を構築したり、勤怠管理ツールを活用してテレワークでの勤怠管理を徹底するなど、デジタルツールが円滑なテレワークの実施を支えてくれます。

    つまり、DXはテレワークの導入や運用に必須な要素です。

    DXやデジタル化が効果的におこなえていなければ、テレワークの導入や運用で課題やトラブルが生じたり、テレワークのメリットを獲得できないこともあるでしょう。

    DXとテレワークの関係性や影響

    円滑なテレワークの実施にDXが欠かせない一方で、テレワークはDX推進の追い風となる存在でもあります。

    そもそもDXとは、単なるデジタル化にとどまるのではなく、デジタル化を通して社会に新たな価値を提供し、デジタル社会における競争力を上げることが目的です。

    テレワークという新しい働き方は、多様な働き方の実現という点で新たな企業価値を生み出しています。

    また、対面での顧客対応をおこなっている企業では、テレワークの実施に際して顧客対応のやり方を見直さなければいけません。

    ビジネスチャットやビデオ通話を活用したリモートでの顧客対応やAIによる問合せ対応など、デジタルツールの力を借りて新たな方法を生み出すことで、従来対応しきれなかった時間や遠隔地の顧客にも対応できるようになります。

    つまり、テレワークを実施したり、テレワーク実施に際して新たな業務フローを生み出すことは、DXの推進に直結しているのです。

    このようにテレワークとDXは相互作用がある関係にあるといえるでしょう。

     

    DXがテレワークにもたらす効果

    DXは、デジタイゼーション(アナログをデータ化すること)とデジタライゼーション(業務をデジタル化すること)という2つのプロセスを通ります。

    このDX推進のプロセスが、コミュニケーションの活性化や業務効率化など、テレワークにもよい効果をもたらすのです。

    DX推進がテレワークにもたらす効果について具体的に解説します。

    コミュニケーションの活性化

    DX推進には、テレワーク下におけるコミュニケーションを活性化させる効果があります。

    お互いの顔を見ることができないテレワークでは、必然的にコミュニケーションの機会が減り、コミュニケーション不足に陥りがちです。

    DX推進に取り組んでいれば、Chatworkなどのビジネスチャットを活用して気軽にコミュニケーションを取れる環境を作ったり、ビデオ通話で定期的に顔を合わせることで、メールや電話でわざわざ話すまでもない些細な内容や雑談などもできるようになります。

    テレワーク下における業務効率化

    テレワークは、自宅やカフェなど本来仕事をする場所として作られていない場所でおこなうことがほとんどです。

    そのため何らかの策を講じない限り、テレワーク下における業務効率はオフィス勤務よりも低下してしまいます。

    DXを推進していく過程では、ペーパーレス化やデジタルツールの導入などさまざまなデジタル化に取り組むため、DXを推進していない場合に比べてテレワークの業務効率は格段にアップします。


      

    顧客満足度の向上

    DXでは、デジタル化を通じて新たなサービスや価値を提供し、顧客満足度の向上を目指します。

    このようなDXの取り組みが、テレワークでの顧客対応にも生きてくるのです。

    具体的には、

    • デジタル化による業務効率化で意思決定スピードが上がる
    • AIの自動応答システムで24時間365日顧客の問合せに対応できる
    • ビデオ通話システムを使って遠隔地の顧客とやりとりできる

    などです。

    日頃からDXに取り組んでいれば、テレワークでオフィスを不在にするために顧客対応ができない・不十分になるといった事態は起こりません。

    DXでテレワークを実現する方法とは?

    DXとテレワークはお互いに推進を助け合う関係です。

    せっかく取り組むのなら両者を別々に考えるのではなく、DX推進の取り組みを活かしてテレワークを実現しましょう。

    DX推進の取り組みをテレワーク実現に活用するためのポイントをご紹介します。

    DXとテレワーク両方に役立つツールを導入する

    DXの実現の前段階として、デジタイゼーションとデジタライゼーションという2つのデジタル化のプロセスがあることは先ほどご紹介したとおりです。

    DXの土台となるデジタル化のプロセスでは、具体的に以下のようなことをおこないます。

    • ペーパーレス化
    • コミュニケーションや対面会議のデジタル化
    • ファイル共有のクラウド化
    • 顧客対応のデジタル化

    ご覧になって分かるとおり、このデジタル化のプロセスはそのままテレワークの実現に繋がります。

    そのため、デジタル化の際にはDXとテレワークの両方に役立つツールを導入することが大切です。

    具体的には以下のようなツールが考えられます。

    ツール DXでの効果 テレワークでの効果
    ビジネスチャット 情報共有スピードを向上させることで、競合他社よりも意思決定スピードが上がり、いち早くサービスを提供できる 手軽にコミュニケーションが取れるため、業務効率を低下させない

    また、コミュニケーション不足の解消にも役立つ

    オンラインストレージ 時間や場所を問わず必要な情報にアクセスできるため、テレワークやフレックスタイム制、業務委託など多様な働き方に対応でき、経営改革に繋がる テレワークでも簡単に大容量ファイルの共有ができる
    ビデオ会議システム 遠隔地の顧客と取引できるなど、顧客対応の幅が広がる テレワークでも顔を合わせたコミュニケーションが取れてコミュニケーション不足解消になる

    画像や音声を使ったコミュニケーションが取れる

    DX・テレワークどちらの課題も解決できるツールを選びましょう。

    従業員のITリテラシーを高める

    テレワークでは、ほとんどの仕事をデジタルツールやオンラインサービスを使っておこなうほか、オフィスに比べて弱いセキュリティ環境で仕事をする可能性があります。

    そのため、オフィス勤務以上に情報漏洩などのセキュリティトラブルに気をつけなければいけません。

    DX推進の取り組みの中で、デジタルツールやオンラインサービスを利用する際の注意点を周知しておけば、テレワーク実施の際に改めて研修などをおこなわずに済むでしょう。


     

    DXにもテレワークにもオンラインストレージは効果的

    DXとテレワークはお互いに推進をサポートする関係であることをご説明しました。

    DXの取り組みをテレワークに活かすためには、DX・テレワーク両方に役立つツールを選ぶことが大切です。

    DX・テレワーク両方に役立つツールの中でも、オンラインストレージは導入しやすく、運用コストも抑えられるので特におすすめです。

    中小企業に1番選ばれているオンラインストレージ「セキュアSAMBA」は、テレワークにおけるファイル共有を効率的におこなえるほか、多様な働き方の実現にも役立つためDX推進にも貢献します。

    DX・テレワークの推進を手助けするツールとして、無料から使えるセキュアSAMBAの導入をご検討ください。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP