オンラインストレージお役立ち情報

ログ管理とは?ログ管理の目的とログ管理の必要性を解説

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    比較のポイントをご紹介・オンラインストレージを選定する上で大切な11のこと

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    ログ管理は、トラブル時の原因究明や復旧、セキュリティ事故の防止などのために必要です。

    しかし、何のログを何のために管理すれば良いのかを理解できていないとログが有効活用されません。

    ログ管理の必要性や目的など、重要性を理解した上で適切な管理を心がけましょう。

    ログ管理とは

    「ログ」とは、パソコンやシステムなどの操作や利用状況を把握するための操作の履歴や記録のことを言います。

    たとえば、Aさんがファイルサーバーにある重要書類を参照した場合は、「××××年××月××日の××時××分にAさんがファイルサーバーの重要書類を参照した」という記録が残ります。

    仮にその重要書類の内容が情報漏洩した場合、そのファイルを参照した記録が残っている人を探ることで、原因が解決できる可能性があります。

    このように、誰が、いつ、何を、どうしたのかを記録して、それらを管理することが「ログ管理」となります。

    ログの種類

    ログには様々な種類があります。

    「認証ログ」は、誰が、いつ、ログインを試みたのか、その結果ログインできたのか、失敗したのかを記録します。

    「操作ログ」は、パソコンやシステムで誰が、いつ、何を、どうしたのかを記録します。

    ファイルやシステムの操作などを細かく把握するために必要になります。

    「アクセスログ」はサーバーやシステムに誰がいつどこにアクセスしたのかを記録します。

    ほかにもシステム内で起きた特定の現象や動作を記録する「イベントログ」やシステムでエラーが発生した時にエラーの内容を記録する「エラーログ」、PCとサーバー間の通信内容や通信時間を記録する「通信ログ」など、ログの種類は多岐にわたります。

    この中でも「操作ログ」や「認証ログ」、「アクセスログ」がよく利用される一般的なログと言えます。

    ログ管理の必要性とは?

    それではなぜログ管理が必要なのでしょうか。

    ログ管理が必要な理由を解説します。

    セキュリティ意識の高まり

    インターネットが普及して、当たり前になってきたIT社会ですが、便利な反面、サイバー攻撃や内部不正による情報漏洩などのセキュリティ事故が後を絶ちません。

    また、セキュリティ事故が起きると企業の信頼は失墜し、業績にも支障がでてしまいます。

    万が一の場合には、企業はいかに被害拡大を防ぐことができるかがカギになっています。

    そのため、被害状況や原因究明などの情報を早く正確に把握しておく必要があるため、ログ管理の重要性は増し、企業のセキュリティに対する意識が高まってきています。

    セキュリティ事故の備え

    大勢の人がPCを利用する状況では、誰が、いつ、何を、どうしたのかを記録したログの量は膨大になります。

    情報漏洩や不正利用などのセキュリティ事故が発生した場合には、迅速に該当のログを見つけられなければログを取っている意味がありません。

    また、整理されていて誰が見てもわかりやすい見方ができない場合も同様です。

    セキュリティリスクに備えて、普段からログ管理をしっかり行うことでいざというときにすぐに役立つように管理しておく必要があります。

    政府への報告義務

    上場企業は、内部統制報告制度によってログ管理することが義務になっています。

    政府に自社の業務を報告することが義務になっていますが、経営者が自社の業務のすべてを把握することは不可能に近いので、代わりにログデータを含むITシステムの利用を求められています。

    テレワークの普及

    コロナ禍や働き方改革によって、テレワークが普及しています。

    これによっていままでは社内でしか扱えなかった情報を自宅でも扱うことができるようになりますが、自宅のネットワーク環境のセキュリティが甘かったり、PCの盗難・紛失などで、社内で利用するよりも情報漏洩のリスクは高まります。

    また、テレワークによって働き過ぎるケースや、逆にサボって仕事をしない人がいるケースもあることが企業の課題となっています。

    しかし、利用状況や操作状況をしっかりと管理することで未然に防ぐことができます。

    ログ管理の目的とは?

    ログ管理を行う前に、まずはしっかりと目的を理解して、意義のある管理をすることが大切です。

    ログ管理の目的を確認していきましょう。

    不正アクセスの把握

    サイバー攻撃などによる不正アクセスを把握するためにログ管理は重要です。

    第三者にアクセスされることで企業の機密事項や顧客情報が漏洩してしまう危険性があります。

    誰が、いつ、どこにアクセスしたかを記録することで、不正アクセスの抑止や原因究明することが可能になります。

    利用状況の把握

    PCやシステムの利用状況を把握することで、障害が発生した場合の原因究明に役立ちます。

    だれが、いつ、何をしたときに障害が発生したのかを解明することで、原因の特定に繋がります。

    勤怠管理

    ログ管理の機能として勤怠管理ができるものもあります。

    たとえば、PCのオンとオフの日時を記録することで出勤時間や退勤時間の客観的な記録のひとつになります。

    テレワーク中、退勤の扱いにしているのにいつまでもPCがオフにならない場合は、こっそり仕事を続けていることを検知できますし、寝坊による遅刻をごまかすこともできなくなります。

    効果的なテレワーク推進のためにも勤怠管理のためのログは重要になってきています。

    内部不正への備え

    日本のセキュリティ事故は、外部不正よりも内部不正の方が多いと言われています。

    従業員のアクセス自体は正規なアクセスなので、アクセスログから不正アクセスとして検知することは困難です。

    操作ログによって、ファイルに対してだれが、いつ、何を、どうしたのかがわかれば抑止や原因究明に有効です。

    会社に登録されていないUSBメモリにデータをコピーされたり、会社で利用していないクラウドサービスにファイルがアップロードされていたりと内部不正のセキュリティリスクは高いため、注意しなければなりません。

    ミスの発見

    人間にはミスが付き物です。

    ログ管理はヒューマンエラーによって起きるトラブル対策にも有効です。

    誤ってファイルを削除してしまったり、システムへの操作を誤った場合などに本人が操作を覚えていない可能性もありますが、ログから原因を探ることが可能になります。

    ログ管理が必要になるシーンとは

    まず、従業員に対して「ログ管理を行っている」と周知をすることで、内部不正の抑制になります。

    「何かしても必ずログからバレるから不正はしない」と思わせる事で未然に内部不正が起きる可能性を軽減することができます。

    基本的にログ管理は「トラブル対応」のために行うことになりますが、ログ管理を周知することで「事前に抑止」が期待でき、モニタリング機能でリアルタイムに監視することで、トラブルが起きる前に怪しい要素を検知することができ、万が一、トラブルが発生した場合もログから原因特定をすることもできます。

    ログ管理はトラブルの抑止、監視、解析と常に有用であると言えます。

    また、ログ管理のレポート機能によって、監査資料を早く、正確に作成することもできるため、効率化とコストカットに繋がることにもなります。

    何かのシステムやクラウドサービスなどを利用する際は必ずログ管理をするべきです。

    情報漏洩を防ぐためにファイルのログ管理が必要

    情報漏洩で最も気を付けなければいけないのはファイルの扱いです。

    企業には会社の機密情報や顧客の個人情報など重要な情報が記載されたファイルが数多くあります。

    盗聴やサイバー攻撃、内部不正などによって流出することを抑止したり、何かあった場合に解析できるように、ファイルに対して、だれが、いつ、何をしたのかのログを残し、すばやく必要なログを見つけることができるようにファイルのログ管理をすることは必須事項といっても良いでしょう。

    オンラインストレージ「セキュアSAMBA」を活用したファイルのログ管理

    オンラインストレージ「セキュアSAMBA」は、クラウド上で利用できるストレージのため、インターネットにさえ繋がっていれば、いつでもどこからでもアクセスすることができるため、テレワーク推進に最適なサービスです。

    アクセス経路とファイルが全て暗号化されるため、セキュリティも強固で安心して利用することができます。

    ユーザーが操作したフォルダ、ファイルに対する読取・書込・作成・削除・名前の変更のログが記録され、保存期間も1ヶ月・3ケ月・6ケ月・12ケ月から選択可能です。

    ログ管理のログはストレージ使用量に含まれないので安心してログを溜めることができます。

    ウェブブラウザの専用管理画面から行うことができるため、いつでもどこからでも使用することが可能です。

    セキュアSAMBAは無料で利用できるフリープランもあるため、気軽に試してみることも可能です。

    オンラインストレージ「セキュアSAMBA」を活用したファイルのログ管理を検討してみてはいかがでしょうか。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP