オンラインストレージお役立ち情報

クラウドサービスのセキュリティ対策と安全に利用するポイント

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    セキュアSAMBAサービス紹介資料

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    クラウドが普及してきている中で、約7割の企業が何らかのクラウドサービスを利用していると言われています。

    クラウドサービスを利用することで、ソフトウェアやハードウェアを自前で調達・導入・運用を行わなくてもインターネットに繋がってさえいれば、業務を行うことが可能になります。

    クラウドサービスは使いたいときに使いたい範囲で臨機応変に利用できるため、無駄なく効率良く業務遂行することが可能になります。

    しかし、便利なクラウドサービスにもセキュリティリスクはあります。

    効果的なクラウドサービスのセキュリティ対策を実施して、安全にクラウドサービスを利用しましょう。

    無料トライアルも実施中!
    誰でも簡単にファイル共有ができる
    オンラインストレージ

    クラウドサービスの仕組みとメリット

    クラウドサービスとは、クラウド事業者がハードウェアやソフトウェアをインターネット上に公開してユーザーへサービスを提供する仕組みのことを言います。

    ユーザーは、自社にサーバーなどの機器やソフトウェアを準備しなくても、インターネットに繋がってさえいればサービスを利用できます。

    調達、導入、運用コストの手間や時間、費用が削減され、契約後はすぐに使い始めることができることがクラウドサービスを利用する最大のメリットです。

    場所や時間、デバイスを問わずに利用することができるため、テレワークや外出先からも利用することができます。

    また、容量や機能の拡張がオプション追加やプランの変更によって簡単に実現できることもメリットのひとつです。

    クラウドサービスにおけるセキュリティリスク

    便利なクラウドサービスですが、注意しなければならないセキュリティのリスクがあります。

    危機意識を持って対策に臨む前に、まずはリスクをしっかり把握しておきましょう。

    不正アクセス

    クラウドサービスは、IDとパスワードさえあれば、いつでもどこからでも利用できます。

    逆にIDとパスワードさえあれば、誰でも利用できてしまうことになります。

    不正に入手したアカウント情報で本人になりすましてアクセスされるという恐るべきリスクです。

    情報漏洩

    不正アクセスによって業務上の機密情報や個人情報を盗み取られる危険性があります。

    また、クラウドサービス側のセキュリティ不備や事故などによって第三者がアクセスできる状態になるなどの漏洩リスクもあります。

    情報消失

    クラウドサービスは、データの共有がしやすく複数のユーザーが共同編集することもできます。

    その反面、誤ってデータを消してしまうなどのヒューマンエラーが発生するリスクがあります。

    また、災害やサービスの障害などによってデータが消失してしまうリスクもあります。

    自分のPC上にはデータが保存されないため、消失してしまうと復旧できなくなる可能性があります。

    クラウドサービスとオンプレミスのセキュリティの違い

    自社で調達・導入・運用する形態をオンプレミスと言いますが、クラウドサービスのセキュリティは従来のオンプレミスとは異なる部分があります。

    オンプレミスの場合は、自社で設計や構築して独自の強固なセキュリティを施すことが可能ですが、専門知識をもつ技術者が必要です。

    また、基本的にローカルネットワークでの使用になるため、インターネット上から攻撃されたり不正アクセスされる脅威はクラウドに比べて少ないです。

    クラウドサービスの場合は、クラウド事業者がセキュリティの構築や運用を行ってくれますが、カスタマイズ性は低くユーザーは決まった設定を行うことしかできません。

    オンプレミスに対してクラウドは常時インターネットに接続している必要があるため、外部からの攻撃のリスクは高いと言えます。

    セキュリティの技術力もクラウド事業者に依存するため、自社で賄っていない分、不安は残ることになります。

    ただし、近年はセキュリティ事故も多発していて、クラウド事業者もセキュリティ対策に力を入れているため、強固で安心して利用できるクラウドサービスも増えてきています。

    クラウドサービスのセキュリティ対策

    クラウドサービスを利用する場合のセキュリティ対策を紹介します。

    しっかり対策してリスクを最小限に抑えることでクラウドサービスのメリットを活かし、業務効率化や生産性向上に繋げましょう。

    従業員への教育

    クラウドサービスのセキュリティリスクを低くするためには、何より利用者の意識が重要です。

    クラウドサービスを利用するにあたっての運用ルールやガイドラインの策定を行い、従業員へ教育することが大切です。

    パスワードの管理方法を徹底したり、支給デバイス以外のアクセスを禁止するなどのルールを策定することで、セキュリティ事故のリスクは低くなります。

    OSやブラウザの最新化

    OSやブラウザをアップデートして常に最新の状態にしておきましょう。

    脆弱性などのセキュリティ上の問題を放置しておくとことでセキュリティ事故のリスクは高まります。

    IDやパスワードの対策

    IDやパスワードを人目につくところに置かないことはもちろん、数字・文字・記号を使用した複雑なパスワード設定や定期的にパスワードを変更させたり、誤ったパスワード入力の回数を制限するなどの対策を講じることが大切です。

    不正アクセスや情報漏洩のリスクを軽減させることができます。

    多要素認証

    多要素認証とは、複数の異なる認証を行う認証方式です。

    通常のパスワードの入力とは別にSMSやメールで送信されるワンタイムパスワードや認証アプリで発行したワンタイムパスワードを入力します。

    ワンタイムパスワードにより本人認証を行うことで、パスワードを入手しただけではログインできなくなるので不正アクセス対策として有効です。

    通信の暗号化

    ファイルや通信経路を暗号化することで、第3者によるなりすましや盗聴を防ぐことができます。

    重要な情報を漏洩するリスクを軽減させるための暗号化をしてくれるクラウドサービスを選定した上で利用することが大切です。

    退職や異動者への対応

    退職や部署異動などによって該当のクラウドサービスを利用しなくなるユーザーが出た場合には、アカウントIDを無効化するようにしましょう。

    処理せずに残しておくと、退職者から不正にアクセスされるリスクがあります。

    セキュリティ設定の徹底

    多くのクラウドサービスにはユーザーが設定できるセキュリティ設定が存在します。

    アクセス権の設定や認証設定、ログの管理など、リスクを最小限に抑えるためにも、必要な人が必要な操作のみ行うことが出来るように制限したり、万が一何かあった場合に解析できるようにしておく必要があります。

    過去の事故情報を確認してから利用

    利用を検討しているクラウドサービスが過去にセキュリティ事故を起こしていないかを確認してから決定すると安心です。

    セキュリティ問題が注視されている世の中にもかかわらず、直近でセキュリティ不備による事故を起こしたサービスは利用を控えることも、リスク低減につながります。

    クラウドサービスを安全に利用するポイント

    クラウドサービスを安全に利用するポイントを3点ご紹介いたします。

    一つ目は、「セキュリティが強固なサービスを利用すること」です。

    根本的なセキュリティ基盤やセキュリティ機能については、ユーザー側にはどうすることもできません。

    セキュリティ対策に力を入れている信用できるクラウドサービスを利用しましょう。

    二つ目は、「セキュリティ設定をしっかりと行うこと」です。

    アクセス権や認証、ログの設定を確実に行うことでリスクは低減できます。

    一度行えば良いというわけではなく、定期的に設定を見直して、状況に応じて最適な設定を保つことが大切です。

    三つ目は、「利用者のセキュリティ意識を高めること」です。

    セキュリティが強固で設定をしっかり行ったクラウドサービスでも、利用者の意識や使い方ひとつで大事故へ発展するリスクがあります。

    ガイドラインの策定や従業員への教育を徹底することでリスク低減に努めましょう。

    クラウドサービス自体のセキュリティ内容も重要ですが、利用する際のセキュリティ意識がリスクやトラブルに大きく作用するので注意が必要です。

    クラウドサービスならセキュリティが強固なセキュアSAMBA

    クラウドサービスのひとつであるオンラインストレージは、クラウド事業者がインターネット上に用意したストレージを利用できるサービスです。

    ファイル共有を効率的に行うことができ、テレワーク社会にはかかすことができないサービスになっています。

    オンラインストレージ「セキュアSAMBA」ではアクセス経路とファイルが全て暗号化されていることに加えて豊富なセキュリティ機能も実装されているので、強固なセキュリティで安心して利用することができます。

    オンプレミスでファイルサーバーを運用している場合は、無料から使える「セキュアSAMBA」を利用することでクラウド化することを検討してみてはいかがでしょうか。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP