オンラインストレージお役立ち情報

クラウドストレージとは?クラウドストレージの仕組みと活用のメリット

オンラインストレージ・クラウドTips

目次

    業務効率化ツール一覧資料イメージ

    セキュアSAMBAサービス紹介資料

    日々の業務に役立つ資料を無料でご用意しております。ぜひ無料ダウンロードし、情報収集や業務改善、社内資料などにお役立てください!

    資料を
    ダウンロード

    多くの企業や個人がクラウドストレージを活用しています。

    クラウドストレージとはWeb上の共有フォルダに写真やビジネスデータのバックアップなどを保存・シェアできるサービスです。

    また、クラウドストレージはオンラインストレージやストレージサービス(storage service)と呼ばれることもあります。

    クラウドストレージの容量は無制限・1TBから買い切りまで様々な形で活用されています。

    これからクラウドストレージを活用したいと考える方向けに仕組みやメリット、活用事例、おすすめサービス情報をまとめて解説します。

    無料トライアルも実施中!
    誰でも簡単にファイル共有ができる
    オンラインストレージ

    クラウドストレージとは

    クラウドストレージとは、Web上の共有フォルダに各種ファイルやバックアップを保存・シェアできるサービスです。

    サービスの価格は無料から有料まで様々で、容量についても100GBから契約できたり、1TB以上や無制限などサービスにより異なります。

    クラウドストレージの例としては、AppleのiCloudやGoogleのGoogleDrive、OneDrive、Dropbox、Boxなどがあり、iPhoneやAndroid用のアプリも充実しています。

    また、セキュアSAMBAのような法人やビジネス利用に特化したクラウドストレージサービスもあります。

    クラウドストレージの仕組みは主に3つ

    クラウドストレージには3つの保存方式があります。

    各方式のクラウドストレージの仕組みを確認していきましょう。

    ファイルストレージ方式

    PC内でデータやファイルを保存するときに活用されているのがファイルストレージ方式です。

    こちらの方式ではファイルにPC内のどのフォルダに保存されているかといったメタデータを書き込んでファイルを保管し、フォルダ/ファイルパスによってファイルにアクセスします。

    NASの保存方法として一般的です。

    ブロックストレージ方式

    ブロックストレージ方式はファイルやデータをブロックに分解し、保管する方法です。

    ファイル・データを読み込むときには、ブロックを結合し、必要な情報を呼び出します。

    データやファイルをまるまる引き出すわけではないため、必要なデータやファイルに素早くアクセスできる点が特長です。

    一般的にSANストレージで活用されている仕組みです。

    オブジェクトストレージ方式

    オブジェクトストレージ方式ではすべてのファイルやデータがフラットな位置づけで保存されます。

    ファイルストレージ方式とは異なり、ファイル・データが一律の情報のもと記録されることになるため、アクセスが用意になります。

    クラウドストレージに多く採用されている仕組みです。

    クラウドストレージの活用メリット

    クラウドストレージを活用するメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

    従来のデータ共有や保管の方法にはないクラウドストレージのメリットを確認していきましょう。

    コストが抑えられる

    クラウドストレージはデータサーバや記憶媒体の代わりとして活用できます。

    ビジネスにおいて、各種データのバックアップを残すことは重要です。

    しかし、バックアップデータを保管するためのデータサーバや記憶媒体を設置する方法にはコストがかかります。

    クラウドストレージを活用すれば、データサーバなどにかかるコストを削減できます。

    いつでも・複数人で同時にアクセスできる

    クラウドストレージはWeb上にファイルやデータを保存・活用できるものです。

    ブラウザからのアクセスやスマホ専用のアプリがあれば、いつでもアクセスできます。

    また、複数人が同時に編集・保存できる仕組みも魅力のひとつでしょう。

    災害時のリスク回避になる

    クラウドストレージは社外のWeb上にデータを保管します。

    自社が災害に見舞われた場合もデータセンターが無事であれば、災害の被害を受けることはありません。

    クラウドストレージ・セキュアSAMBAの活用事例

    クラウドストレージ「セキュアSAMBA」を活用し、業務改善を実施した3つの事例を紹介します。

    活用事例:株式会社アヴァンザ様

    • 導入前の課題:共有HDDの破損や火災、地震、落雷などの物理的なデータの破損を懸念
    • 導入の決め手:VPN接続の機能をコストで比較したときに導入しやすい料金体系だった点を評価
    • 導入の効果:導入前の課題が無いほか、外出先からでも共有のデータを閲覧できることで利便性が拡大!

    情報・通信サービスを提供するある企業では各種ファイルやデータを共有HDDに保管していましたが、データ破損の危険性を危惧していました。

    その課題を解決するためにクラウドストレージを導入。

    その結果、データ破損のリスクを回避しました。

    詳しい事例はこちらから

    活用事例:松澤社会保険労務士事務所様

    • 導入前の課題:クライアントとのファイル共有でメール添付を利用していたため大きな手間に
    • 導入の決め手:操作性と安全性からセキュアSAMBAを採用!
    • 導入の効果:ファイルが必要な時にフォルダを見に行くことができるので共有が楽に!

    こちらの社労士法人では顧客とのファイルのやりとりをメールで行い、業務負荷を感じていました。

    この問題を解決するために、クライアントとの資料共有を目的とするクラウドストレージを導入。その結果、業務効率化を実現しました。

    詳しい事例はこちらから

    活用事例:株式会社リミックスポイント様

    • 導入前の課題:拠点間でのファイル共有が不便だった
    • 導入の決め手:エクスプローラー感覚で利用できる利便性と価格でセキュアSAMBAを導入!
    • 導入の効果:拠点間のファイル共有がスムーズに!さらにテレワークでもセキュアSAMBAを活用!

    こちらの企業がクラウドストレージの活用を決めたのはテレワーク対応のため。

    不便さを感じていた拠点間のファイル共有をクラウドストレージ経由にすることで、業務効率化を実現しました。

    操作方法がわかりやすいサービスを選んだことで無理なく活用できています。

    詳しい事例はこちらから

    個人向けクラウドストレージサービス3選

    まずは個人が活用するのにおすすめなクラウドストレージサービスについて見ていきましょう。

    ※記載の内容は記事公開時点のものになるため変更等が生じている場合があることをご了承ください。

    Dropbox

    容量 2GB~2TB
    月額料金 無料~月2,000円
    利用可能ユーザー数 1名~6名

    Dropboxは無料版・有料版ともに充実したクラウドストレージです。

    個人向けでありながら最大6名と共有して活用できる点が特長です。

    個人向けサービスに共通していえることですが、まずは無料版からスタートし、使用感を確かめてから有料サービスにプランアップするということもできます。

    OneDrive

    容量 5GB~1TB
    月額料金 無料~年12,984円(Microsoft 365のサービスに含まれる)
    利用可能ユーザー数 1名

    OneDriveはもともと無料版のみのサービスでしたが、2012年に有料版がリリースされ、サービスが充実しました。

    個人向けのOneDriveはMicrosoft 365のサービスにも含まれ、実質無料で1TBを活用可能です。

    GoogleDrive

    容量 15GB~2TB
    月額料金 無料~年13,000円
    利用可能ユーザー数 1名~家族利用

    GoogleDriveは名前の通りGoogleが提供するサービスです。

    GoogleDriveの有料版は家族での利用が可能で、プライバシーに留意すればクラウドストレージを活用するメリットを最大限に感じられるはずです。

    GoogleDriveの有料版を個人で活用する場合には、他の個人向けサービスと比較し、割高になってしまうでしょう。

    法人向けクラウドストレージサービス3選

    法人が活用するのにおすすめなクラウドストレージサービスを見ていきましょう。

    個人情報や機密情報などを扱う可能性がある場合やビジネスに使用する際は、法人向けのクラウドストレージを利用するといいでしょう。

    セキュアSAMBA

    容量 5GB~5TB
    月額料金 無料~月178,000円
    利用可能ユーザー数 3名~無制限

    セキュアSAMBAは無料から活用をスタートできるクラウドストレージです。

    無料でも5GBのストレージを3名で共有することができます。

    セキュリティが強固であると同時に無料から使えるので試しやすく、利用規模に応じたプランが用意されています。

    Dropbox Business

    容量 5TB~無制限
    月額料金 月1,500円~月2,400円
    利用可能ユーザー数 3名

    ビジネス向けDropboxの特長は豊富な容量です。

    月額2400円で容量無制限で活用できるサービスは企業にとって頼もしい存在です。

    firestorage(法人)

    容量 1TB~9TB
    月額料金 月49,800円~月89,800円
    利用可能ユーザー数 無制限

    ファイル共有サービスで有名なfirestorageによるサービスです。

    他のサービスと比較し月額料金が高価格に設定されています。

    その分社内の既存システムとの連携や権限設定が充実している点が魅力です。

    クラウドストレージを試すならセキュアSAMBA

    クラウドストレージの仕組みや導入事例、活用方法について解説しました。

    近年、クラウドストレージは個人活用・ビジネス利用、双方のシーンで浸透してきています。

    GoogleDriveやOneDriveといったサービスを活用している個人や企業も少なくないでしょう。

    しかし、ビジネス利用を考えているのであれば法人向けクラウドストレージ「セキュアSAMBA」をお試しください。

    セキュアSAMBAは4000社以上の中小企業に導入されている実績があり、無料から使えるのでクラウドストレージを利用してみたいと考えているのであれば最初に試しやすいサービスです。

    ぜひセキュアSAMBAのフリープラン資料請求からクラウドストレージの利用を始めてみてはいかがでしょうか。

    TO TOP

    フリプランに申し込む

    オンラインデモ

    TO TOP